スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノベルゲームを紹介します!第2弾。 「ヒトナツの夢」

見てくれてるかわからんけど俺は止まらないぜ?
ということでまあ2回目ということで、今回はなんとフルボイスです!もちろん無料ですよみなさん!
ボーカル入りの曲まであるぞー
というわけで行ってみよう!

「ヒトナツの夢」です!
「ヒトナツの夢」
ヒトナツの夢
ここからー


学園祭を二日前に迎えた海鳴高校。
海の日に学園祭が行われるという、風変わりな学校に暑い日差しの中、須貝俊樹が登校する。
この日は休日なのにも関わらず、登校せざるおえなかった。
理由は俊樹の悪友、西原礼治が、学園祭本番に向けて準備を強いれたからだ。
途中、喉の渇きを潤す為にジュースを買いに廊下に出た俊樹は、
礼治のバンド仲間の加川真美と篠井凛と出くわす。
どうやら、去年、学校の屋上から転落事故で他界した霊が出たと騒いでいるらしい。
冗談半分に受け流して、ジュースを買いに向かう俊樹。
その先に、霊が出たと言う事故のあった屋上へ続く階段があった。
そのとき、足元をすっと白い影が通った。
よく見ると、それはこの学校に長年住み着いている白猫だった。
―霊なんて蓋を開ければこんなもんだろ。
そう思いながら、その白猫を追って屋上へ辿り着く。
普段、そこへは足を踏み入れない俊樹だったが、
屋上から見下ろす海があまりに綺麗で、フェンスへ近づいていった。
「あんまりそっちに近づくと危ないですよ」
その声の方向に俊樹が振り向くと、そこには三つ編みの小柄な少女が立っていた。
時々、どこか儚い雰囲気を漂わせる少女の名前は葉月瑞菜。
他人が苦手で、親しい友人以外とは距離を置く俊樹。
仲間と居るより、ひとりで居る事を好む瑞菜。
そんな、どこか似ているふたりの一夏が、黄金色に染まった屋上から始る―。

― 願わくば、ふたりに幸せな目覚めを… ―


ということで夏も終わりに近づいてまいりました。最近寒いときがありますね。夜とか。
このノベルはタイトルの通りヒトナツのお話ですぜ
今日焼きそば作ってたら思い出したんだよ!
なんでかってことになるんですがまあこのノベルを読んだらわかります。
たしかこのノベルも俺が3,4年前に読んだんだがやっぱり記憶があいまいで覚えてないなw
でもすごく感動したことは覚えてるかな。あと曲がやばいぐらい感動したw
9分ぐらいあるんだがな曲w
フリーノベルでフルボイスってのはすごい・・・いいですね
たしかこれも選択肢がいくつかあったような。
まあやってみればいいさw
屋上で出会った少女と主人公がどうかかわっていくかってのがもうね
最後は涙物だね、よくある展開だろうけどw
んじゃまあ今回はこのへんで~|ω・)ノシ
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

ウリボ

Author:ウリボ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。